たまひよの内祝

マナーガイド

SHOP

出産内祝いの
「のし(熨斗)」の書き方・かけ方

マナーの専門家
現代礼法研究所代表 岩下宣子先生 監修

のし(熨斗)紙には「表書き」「水引」のそれぞれに意味があり、使い方を間違えてしまうと失礼にあたる場合もあります。大切な品物を正しく贈るための、出産内祝いのマナーを確認しておきましょう。

「のし(熨斗)」とはあわびのしの略

「のし(熨斗)」とはあわびのしの略
「のし(熨斗)」とはあわびを細く薄く切って、叩いて伸ばして乾燥させた保存食のことです。のし紙の右上についている飾りの中の小さな黄色いものが保存食である「のし」を表しています。かつて縁起物や長寿の象徴としてお祝いごとや贈りものなどにこの「のし」が添えられていました。それが「紙」に描かれるようになり、「のし紙」と呼ばれるようになりました。

出産内祝いの「のし(熨斗)紙」の書き方

出産内祝いは、出産の喜びやお祝いの品をいただいたことへの感謝の気持ちを表す贈りものです。のしや水引の使い方にもマナーがあり、感謝の気持ちをお相手に伝えることができるよう、「のし(熨斗)紙」の書き方のマナーを確認しておきましょう。

出産内祝いの「水引」について

お祝いの「水引」には結び方や色にも意味がこめられており、用途によって使い分ける必要があります。「水引」の意味を確認し、正しいものを選びましょう。

出産内祝いの「水引」

出産内祝いの水引が「赤白蝶結び」のわけ

水引には大きく分けると「結びきり」と「蝶結び(花結び)」の2種類があります。
蝶結びは何度も結び直すことができることから、出産、各種お祝い、中元歳暮など、繰り返してもよい(慶事の)際に使用します。

出産内祝いは「何度も繰り返し喜びが訪れますように」との願いをこめ、結びが解けても、何度でも結び直せる「赤白蝶結び」の水引を使い、のしをつけます。水引の本数は5本、少していねいな贈りものには7本を使う場合もあります。

出産内祝いの「表書き」について

出産内祝いの「表書き」

出産内祝いの表書きの上(水引の上)

出産内祝いの場合、「水引」から上側の部分には贈りものの意味を表す「内祝」または「出産内祝」と記載します

喪中のかたへ贈る場合は「御礼」に

喪中のかたへ「祝」という単語を使用することは控えます。
内祝いはお祝いをいただいたかたへ、感謝の気持ちと無事に生まれたことをご報告をする「お礼」の行為ととらえ、のし書きは「御礼」として贈ります。

出産内祝いの表書きの下(水引の下)

出産内祝いの場合、「水引」の下には、赤ちゃんの名前を書きます。
名前が読みにくい場合や、違った読み方ができる場合には、ふりがなつきが望ましいです。一般的には贈り主の名前を書きます。

赤ちゃんの名前を書く理由

赤ちゃんの名前を書くのは、お祝いをいただいたかたへ感謝の気持ちを伝える「赤ちゃんの名前のお披露目」の意味で書きます。

双子の場合の表書き

双子の場合は、右に先に生まれた赤ちゃんの名前を、左にあとから生まれた赤ちゃんの名前を書きます。

職場・会社に贈る内祝いの「のし」

職場・会社のかたへのお返しに「赤ちゃんの名前まで書くのは控えたい」という場合は、姓だけでも問題ありません。

出産内祝いの「のし(熨斗)紙」のかけ方

のし(熨斗)のかけ方には「内のし」と「外のし」があります。
厳密な決まりはありませんが、「贈る意味(目的)が相手にわかりやすくなっているかどうか」などを基準にして使い分けましょう。

包装紙の内側にのしをかける「内のし」

贈答品に直接「のし紙」をかけて上から包装紙で包むことを「内のし」といいます。「のし紙」が包装紙に隠れる「内のし」は、控えめな印象があり、一般的な返礼品に使われることが多いです。

包装紙の外側にかける「外のし」

「外のし」は、包装紙の上から「のし紙」をかけます。お子さまの名前をお披露目したい場合や、贈答品の目的や贈り主がすぐにわかった方がよい場合に使われることが多いです。

ほかにも押さえておきたい
出産内祝いのマナー

たまひよの内祝マナーガイド