カートに商品が0点入っています

合計金額0,000円(税込)

赤ちゃんの昼間の居場所どうしてる?ママの目の届く場所で安心ねんね!

赤ちゃんの昼間の居場所づくりにおすすめの商品

先輩ママに聞いた!
赤ちゃんと過ごす昼間の居場所は?

赤ちゃん、とくに新生児期は1日20時間近く眠ることもあるといわれています。昼間赤ちゃんをどこに寝かせればよいか悩むかたも多いのでは?先輩ママに聞きました!

Q.おうちで赤ちゃんと日中最もいっしょに過ごす場所は?

円グラフ

※2017年6月たまひよSHOP調べ

約87%と大半の赤ちゃんが昼間は
リビングで過ごしているという結果に。

保健師・助産師平田かおりさんからのアドバイス

赤ちゃんの画像
  • 新生児期は、日中ねんねしている時間が長いため、成長を妨げず体に負担の少ない寝具選びや環境が大切です!
  • 日中はリビングでもママを感じられると安心して眠りにつけ、ママも目の届くところで家事などができます。

アドバイスいただいたのは

平田かおりさん

平田かおりさん(保健師・助産師)

産院でのお産介助や相談指導、自治体の子育て広場や健診業務、子育て相談などで多くのママたちにアドバイスしています。4児のママ。

時期別
赤ちゃんの特徴

赤ちゃんの安全な寝床は成長によって変わってくるもの。
月齢別に赤ちゃんの特徴を知り、赤ちゃんが快適にねんねできる場所をつくれるよう整えておきましょう。

ねんね期 0~3か月
首すわり期 4~6か月
ハイハイ期 7~12か月

※月齢はあくまでも目安です。発達には個人差があります。

リビングでの赤ちゃんの
居場所づくりの3つのポイント

  • コンパクトで持ち運びできること
  • 赤ちゃんが快適に過ごせること
  • 丸洗いできるなどお手入れしやすいこと

3つのポイントを考慮
昼間の赤ちゃんと過ごす
居場所づくりにおすすめの商品

お手入れカンタン!持ち運び楽ちん! ごろ寝マット

コンパクトなお昼寝マットが使えます
コンパクトなのに本格布団。※画像の柄はイメージです。

体に負担をかけないたまひよのベビー布団と
同じ体圧分散仕様のマットだから、
赤ちゃんがぐっすり眠れます。

「専用のひも付きで持ち運び便利。」「まるめれば場所を取らずに収納上手。」「丸洗いできるからいつも清潔を保てます。」「サッと広げておむつ替えスペースとしても使えます。」

※画像の柄はイメージです。

おくるみから冷房対策までマルチに使える!ガーゼケット

洗うたびにふわふわ6重織のガーゼケット
洗濯するたびふわふわに!

日本の工場で熟練の職人が
1枚ずつ手仕事で仕上げる6重織のガーゼケット。
洗うたび空気を含んでふわふわに。

「丸洗いできるからいつも清潔を保てます。」「日本製ならではのていねいな縫製で、やさしい肌触り。」「マルチに使えるから、赤ちゃんからキッズ期まで長く活躍。」

\ガーゼケットとごろ寝マットを併せて使うのがおすすめ/

自宅で洗えるお昼寝セット

お昼寝の寝かしつけにも役立つ!抱っこふとん

赤ちゃんの「背中スイッチ」対策に 抱っこふとん
安全性に配慮

たまひよのベビー布団と同様の窒息リスク実験を実施。
窒息しにくいこだわり抜いた硬さと厚み。

「丸洗いできるからいつも清潔を保てます。」「コンパクトで持ち運びやすい。」「日本製ならではのていねいな縫製で、やさしい肌触り。」「授乳するなどのお世話をするときの支えに。」

※画像の柄はイメージです。

成長に合わせて3WAY ベビーベッド

日本製で安心 安全で長く使える3WAYベビーベッド
1WAY 「キャスター付きで移動がラク!」「スライド柵でおむつ替えも楽ちん!」「ベッド下には収納スペースたっぷり!お世話グッズは1か所にまとめて効率的に。」
2WAY「ベビーサークルとして!」 3WAY「収納ラックに!」

産後すぐ始まる3大お世話の特集を見る

商品を探す

キーワード検索で探す

カテゴリから探す

マタニティ・ママ用品

ベビー・育児用品

人気特集

妊娠・出産・育児の専門店「たまひよSHOP」
のブランドメッセージ