たまひよSHOPは赤ちゃんとママのことを考えて 安心 安全 便利 …こんなことにこだわっています

こだわり1 安全審査を実施しているから安心して使える

たまひよSHOPはママたちの育児が少しでもラクに、楽しくなるようにグッズを日々開発しています。

でもいくら便利でも、安全でなければ意味がありません。法的な安全基準よりもさらに厳しい独自のチェック項目を設けて審査を行っています。そのため、商品化まで半年以上もかかることも。

また商品そのものだけでなく、収納袋に付いている小さいパーツが外れて誤飲しないかなど、子どもの力を想定した引っ張り検査を行っています。

だからこそ、ママとベビーに安心して商品を使っていただけるのです。

安全審査の一部をご紹介

ホルムアルデヒド検査

シックハウス症候群の原因のひとつと言われているホルムアルデヒド。発ガンにつながる恐れも。
法令で定められた商品だけではなく、子どもが直接触れる商品に対してホルムアルデヒドの数値を確認しています。

窒息事故対策

赤ちゃんはどんな動きをするか予測不能です。ひもや衣類に付いた小さなパーツなどが家具や車などに挟まれて窒息につながってしまうことも。
引っかかるリスクの少ない安全な長さであるか、負荷がかかったらきちんと外れるかなどを細かくチェックします。

環境や人体によくない物質チェック

鉛やカドミウムなど、人体に影響がある物質が使用されていないか、素材そのものを一つひとつ精密機器を使ってチェック。
赤ちゃんがなめてしまっても大丈夫なように、使用する素材も限定し、数値も厳しい基準を設けてチェックしています。

誤飲検査

乳児の死亡事故で最も多い原因が誤飲。飲み込んでしまうと食道を傷つけたり、窒息の原因に。
赤ちゃんが触れる可能性があるものは、誤飲しない大きさであるかを一つひとつ大きさをチェック。小さなパーツなどが外れないかなど、子どもの力相当の負荷をかけて引っ張り検査もしています。

そのほかこんなことも確認!

素材の確認

赤ちゃんが触れるものなので、安全性に懸念がある素材が使われていないか一つひとつ確認しています。

梱包材の孔開け(窒息防止)

梱包材が赤ちゃんの顔に張り付いて窒息につながる恐れが。梱包材には孔を開けています。

商品担当かなめさんのこぼれ話

安全審査でNGとなり作り直しました!

例えば、アーバンリサーチドアーズのベビー用のリュック。赤ちゃんが背負うためにはずり落ちないハーネスが必要と考え、一般的な子ども用のものを付けることに。でも、リュックが何かに引っかかったときに外れないと、窒息につながる危険があると安全審査でNGに。そこで、ある一定の力がかかったら外れるよう面ファスナー仕様に変更。ちゃんと外れるかどうかも実験機関で計測。時間はかかりましたが安全性の高い仕様になりました!

※安全審査の例の中でご紹介している商品について、現在は完売しているものもございます。ご了承ください。

こだわり2 医師・保健師など専門家の指導やアドバイス・協力で安心

赤ちゃんの体は大人と違って皮フも骨も内臓も未発達。体内時計も整っていません。
赤ちゃんの成長を妨げないように、赤ちゃんの専門家の方々に意見やアドバイスをもらっています。

産婦人科医 小児科医 保健師 消費生活アドバイザー その他専門家

こだわり3 ママ・パパ商品担当が実際に厳しい目で試すから安心・便利

商品化しても、いざ使ってみると「もう少しここがこうだったら」「毎回使うのに面倒臭い」など、
実際の生活の中でないとわからないことも。
そこでママやパパである商品担当やモニターさんが実際に使用し、
使い勝手のいいものへと改良を重ねています。

こだわり4 ママたちの声をもとに商品を開発しているから便利

どんなグッズがあると便利かママたちにリサーチしたり、製作途中のものを見てもらって、
どこを改良するとよりよくなるかを調査し開発。
商品化されているものも、より便利になるよう再調査することも。

あったらいいなをつくろうの会

カテゴリから探す

そのほかの特集

一緒買いできます♪ 6,480円(税込)以上のご注文で送料無料!