初めてでも失敗しない! 喜んでもらえる内祝いのお品選びのために
内祝い・出産内祝いのマナー

内祝いの基本マナーから上手なお品選びのアドバイス、「高額なお祝いへのお返しは?」などなど……内祝いの「なぜ?」や「どうしよう!」を先輩ママの内祝い実態アンケートデータを交えて完全網羅。新米ママもこれで安心!

監修/マナーアドバイザー 岩下宣子先生

出産内祝いの基本マナー

そもそも
出産内祝いとは

“いただいた出産祝いへのお返し”
現代の内祝いは、“いただいた出産祝いへのお返し”と考えるのが一般的です。でも本来の意味合いは、ちょっと違うのです。 昔は、出産のご報告とごあいさつを兼ねて、出産祝いをいただいた・いただいていないにかかわらず、お世話になった方やこれからお世話になる方を家へ招いて、お披露目の宴を開いていました。それが本来の内祝いの形なのです。
内祝いは、お祝いをいただいていない方、ご近所の方やこれからお世話になる方へ贈っても構いません。そのときは、相手に負担を感じさせない“心遣い”を忘れずに。お赤飯やお菓子を持参して「これからお世話になります。よろしくお願いします」と、ひと言添えてごあいさつしておくのもいいでしょう。

多様化する内祝い

目的は“幸せのお福わけ”
ここ数十年の間に、住宅の問題や核家族化の進行で、内祝いは“お礼の品”へと姿を変えてきました。でも最近は、カジュアルなホームパーティを開くケースも増えているようです。ママたちのアイデアで、内祝いが多様化・進化していることを思えば、「たまひよの内祝」は、“贈るための品を選ぶ通販サイト”としてはもちろん、“贈るための品+ホームパーティでもてなすための品を選ぶ通販サイト”としても活用できるかもしれませんね。みんなにベビーを紹介して、幸せのお福わけをすることが内祝いの目的ですから、必要以上に形にこだわらず、自分らしくステキな内祝いをしてください。

いつ頃お返しするの?

“お宮参り”を目安にすると◎
内祝いの贈り先選びと贈る時期についてのマナーはとてもシンプル。出産祝いをいただいた方全員に、お宮参りが終わったころ、出産後30日を目安にお返しするのがマナーです。贈りモレがないように、贈り先やスケジュールを一覧にして管理しておくと便利ですよ。

ページトップへ戻る

金額やお品選びのポイントは?

金額の設定は?

いただいたお祝いの“半額”が基本
贈って喜ばれる内祝いにするための初めの一歩は、正しい金額の判断から始まります。基本は、いただいたお祝いの“半額”と考えましょう。ママたちのデータを見ても、半返しの方が多いので、きちんと判断できているようです。ただし、目上の方からいただいた場合や高額の場合は、3分の1程度でも大丈夫。背伸びをせずに、気持ちのこもった品を送ることが一番大切です。

お品選びの
ポイントは?

贈り先の好みやライフスタイルを意識して
ポイントは、“実用性+α”のお品選び。同じ定番商品でも、ブランドやナチュラル志向のものなど、贈り先の好みやライフスタイルを意識したギフトにこそ、人はセンスやオリジナリティを感じるものです。年代が違う方や好みがわからないときには、広く喜ばれる定番アイテムがおすすめ。タオル・寝具などの日用品や石けんなどの消耗品、スイーツなどの食品類は、どなたにも喜んでいただけるギフトの定番です。 最近人気が高いのは、カジュアルな“名入れアイテム”。スイーツや紅茶など、食品類にお名前を添えたアイテムは、たまひよママへのアンケートでのランキングでも人気という結果が出ています。

ページトップへ戻る

これでバッチリ!  内祝い段取りガイド

赤ちゃんが生まれてからはなにかと忙しいもの。先に段取りをしておけば出産後も安心です!

時期 “内祝い”段取りスケジュール おさえておくとGOODなポイント!
妊娠8カ月ごろ お祝いをいただいた場合の贈り先の情報を整理しておきましょう。
年賀状リストや職場の住所録などを元に整理するのが便利です。
お仕事をしていたママは、産前休暇に入る前に職場の住所録などを確認しておくのがおすすめです!
出産が近づくといろいろと忙しくなるので、少し早めに準備をスタート!
妊娠9カ月ごろ 内祝いのカタログを取り寄せたり、WEBサイトをチェック!
里帰り出産の方は、ご実家にカタログを持っていくとよいですね。
第一子ご誕生の方は「内祝いの基本情報」や「内祝いのマナー」を、まずは確認しておきましょう!
出産!
1週目〜2週目ごろ 赤ちゃん誕生を知った方からお祝いが届き始めます。
赤ちゃんとの忙しい生活の中で、内祝いの贈り漏れがないよう、こまめに「いただいた方リスト」を作っておきましょう。
ご主人が会社でいただいたお祝いも忘れずに!
3〜4週目ごろ 内祝いの商品を決めましょう。
いただいた方ひとりひとりに合わせたお返しを選び分けられるといいですね。
赤ちゃんのお披露目になる可愛い写真も撮っておきましょう!
2カ月目ごろ 少し落ち着いてからお友達が赤ちゃんに会いに、家に遊びに来たりされる時期。お祝いをご持参くださる場合も。
後からいただいたお祝いにも、お返しは忘れずに。
いただいた方やお返しした方を一覧でチェック!

お役立ちコラム

ふりがなつきの「のし」で「はじめまして」のごあいさつ 「のし」のマナーと使い方

1.のし 2.水引き 3.名前

1.のし
毛筆が望ましいです。濃い墨で丁寧に、読みやすく書きましょう。出産内祝いは、包装紙で包んでからのし紙を上にかける「外のし」が主流です。  ※「たまひよの内祝」では毛筆字体を使用し、外のしでお届けします。
2.水引き
出産などの何度繰り返してもよいお祝いごとには、結び目がほどけてまた結ばれる=繰り返されるようにという願いを込めて「赤白蝶結び」の水引きを使用します。
3.名前
お子様のお披露目となる出産内祝いでは、お子様の名前を入れるのが一般的。ふりがなつきが望ましいです。
※贈り先に持参する際のワンポイント
内祝いを郵送ではなく、手渡しで贈りたい場合は、手提げ袋などに入れて持参するとよいでしょう。先様に渡すときには、取り出してから渡すのが基本です。 →たまひよの内祝 オリジナルの手提げ袋はこちら

ページトップへ戻る

シーン・ケース別Q&A

お茶好きな方へ緑茶を贈りたいのですが、タブーという方もいるので心配です。

タブーとはあってないようなもの。先様に喜ばれる内祝いを、贈って差し上げてください。先様へ贈る前に「お茶がお好きな○○さんには、日本茶をお贈りしたいと思います。お茶は、九州地方で結婚関連のお祝いごとに用いられる、縁起のいい木として知られているのですよ」と、ひと言伝えてみてもいいかもしれませんね。

喪中の方から出産祝いをいただきました。内祝いを贈っても、大丈夫でしょうか?

内祝いは、忌中を過ぎてから贈りましょう。先様はどれだけ悲しい状況にあるかわかりません。できるだけ50日を過ぎてからお贈りしましょう。内祝いをお贈りするときには、いただいたお礼とともに先様をいたわる言葉を添えましょう。

通信販売で内祝いの品を贈るのは、贈り先に失礼にあたらないか気になっています。

もちろん失礼にはあたらないので、心配の必要はありません。むしろ、心のこもったギフトを効率よくお届けできる、一つのいい手段だと思います。出産後は、時間的にも体力的にも大変な時。通信販売を活用すれば、体力的にもママは助かります。先様に合ったお品選びを自分のペースでじっくりできるのではないでしょうか。

両親が「内祝いはいらない」といいます。本当に贈らなくてもいいのか、迷っています。

自分の親なら素直に甘え、義理の親の場合はご主人とよく相談して決めましょう。ご親戚の場合には、お返しをしておくのが無難ですが、先様が真剣におっしゃってくださっている場合には、きちんとお礼を伝えたうえで、ありがたく先方の気持ちを頂戴していいと思いますよ。

値段がわからないお祝いをいただきました。予算の決め方についてアドバイスをお願いします。

大切なのは感謝の“気持ち”をお返しすること。花束やおもちゃなど、小額なお祝いへのお返しに悩む声は多いようです。こうした場合は、1,000〜2,000円程度の品をお返しするか、お礼のメッセージを書いた手紙やカードを贈るなど、「ありがとう」の気持ちを伝える工夫を心がけましょう。

内祝いを先様に直接持参する際に、失礼のない手提げ袋の扱い方を教えてください。

手提げ袋は、風呂敷と同じ。外のホコリから品物を守るために使うものです。内祝いを渡すときには取り出してからが基本です。好みが分かれる奇抜な柄や使い古したものは避けるのが無難ですね。

出産してからずいぶん経ちますが、先日、出産祝いをいただきました。内祝いは贈るべきですか?

時間が経っても、感謝の思いは変わりませんよね。こういった場合も、心をこめてお返ししてください。お返しの時期については、お祝いが届いたら、まず3日以内に手紙や電話、メールなどでひと言お礼を伝え、3週間から1カ月程度を目安に、内祝いを贈りましょう。

夫の実家がある地方へ引っ越したばかり。内祝いに特別な風習がないか心配しています。

内祝いをはじめとしたお祝いごとの風習や習慣は、地方によって大きく異なります。事前にリサーチをすることで、義理の親や周囲の方とのコミュニケーションを深めるとともに、今後いいおつき合いをするきっかけにもなってくれるはずです。

こちらもチェック! 贈り先別★喜ばれる品選びのコツ
続柄や世代、金額に合わせたポイントをご紹介♪

ギフトのご購入でライフスマイルポイントが貯まります

例えば 貯まる 1万円分(税抜)ご購入で50ポイント+貯まる ご購入商品の口コミ投稿で50ポイント→貯まった100ポイントで100円分割引

ライフスマイルポイントについて、詳しくはこちら

ご案内

送料について

送料無料

ギフトおよび一部商品を除き、5,400円(税込)以上のご注文で送料が無料!
ブランドにより、送料が異なります。その他複数のお届け先の場合や、大型商品などについては別途送料を申し受けます。

詳しくはコチラ

お支払いについて

選べるお支払い

お支払いは後払いです。ご注文時に5つの方法からご指定ください。

詳しくはコチラ

お届けについて

通常商品は5〜8日でお届け・ギフト商品、名入れ商品、一部直送品は約10日でお届け

通常商品は5〜8日でお届けします。
ギフト商品 ギフト 、名入れ商品、一部直送品は約10日でお届けいたします。

詳しくはコチラ

ご返品について

返品は8日以内

返品・交換をご希望の場合は、商品到着後8日以内に承ります。

詳しくはコチラ

ライフスマイルポイントについて

お得なポイント

商品の口コミ投稿や、アンケートにご回答いただいた際に加算されるポイントです。

詳しくはコチラ

お問い合わせについて

Webサイトとお電話にて承っております。

Webサイト(Q&A・お問合せへ)

お電話でのお問合せ先はこちらから

ご利用ガイド